進学塾.com

進学塾の需要

戦後、学歴社会と称されてきた日本で進学塾という分野が飛躍的に伸びたのは言うまでもないと思います。昨今の進学塾では個人授業、集団授業、教科別など教わる側も様々な選択肢から選ぶことができるようになり、少子化も加わりまさに進学塾業界は激戦であります。

個人授業は、個々の生徒の理解度に合わせた授業内容で進み具合も異なるため、忍耐強くなくてはならないですし、集団授業は、全体が足並みを揃えて進める程度の速さでかつ時間配分に気をつかいながら授業を進めなくてはなりません。そして進学塾で働くという事はただ勉強を教えるだけではありません。全員が全員、自ら率先して学習してくれれば問題はないのですが、中には自分の意思ではなく塾に通っている生徒もいます。いかに生徒の学習意欲を継続して持ち続けさせ、勉学に励む事ができるかも大きな仕事のポイントではないでしょうか。

授業が終わってからも補習授業の実施や授業に使用する教材の作成、またはテストの採点、分析をし、今後その生徒に対してどのように指導していくべきかを判断するのも講師としての仕事です。そしてその結果を保護者あてに報告書として提出したり面談で伝えなければなりません。また、塾を運営していく上でかかせないのが、入塾の説明会や電話応対です。チラシの配布などの宣伝もあります。

教員免許や資格がなくても、子供が好きで勉強を教える事ができれば誰でもできる進学塾での仕事を当サイトにて詳しくご紹介致します。


~進学塾の仕事 関連サイト~
進学塾での仕事に興味を持った方は、塾講師の求人情報を探してみると良いでしょう。こちらのサイトでは求人情報だけでなく、塾講師になるためのポイントなども紹介されています > 塾講師