進学塾.com

指導以外の仕事

進学塾での主な仕事は勉強を教える事ですが、ほかにも塾を運営するにあたってするべき仕事があります。入塾希望者や説明を聞きたいと言っている方の電話応対、保護者対応、新たな生徒を募るチラシ配り、説明会の実施などです。これらを事務局が行う塾もありますが、講師が兼任する場合がほとんどのようです。

授業以外では、テストの採点や生徒の成績管理も講師の仕事です。どのように指導したら今後の成績アップにつながるのか、進路指導する際にも必要ですので、成績を分析するのも大切な仕事の一つです。保護者あてに学習態度や成績、授業の進み具合などをお知らせする、報告者や家庭への配布物の作成をする場合もあります。また、年に数回、保護者と生徒との面談も行われ、そこで現在の生徒の気持ちやモチベーションを知り、保護者と共有し学習意欲を高めていきます。

授業後には、生徒の質問に答える為の時間も確保しなければなりませんし、次回の授業の予習や授業で使われるパワーポイントでのスライドや、プロジェクターを用いての資料などの掲示物の作成もしなければなりません。定期テストや試験前には、それに備えた補習授業を行ったり、プリント作成などの教材準備も必要となります。